電話加入権の買取・売却ってどうなの?

電話加入権の買取・売却ってどうなの?

電話加入権がいずれ廃止されるという話は、何年も前からうわさになっています。
しかし、現状では廃止の動きは全くありません。
固定電話を使用するのに電話加入権を必要とする方は減少していますが、売却をしたいという方もいるので買取業者はたくさん存在しています。

■休止中の電話加入権
必要なくなった加入電話の回線は、休止扱いになります。
買取業者によって条件は異なりますが、休止されていることを証明するものが必要となります(利用休止のご案内)。
家庭電話でも法人電話でも、今後は電話加入権を必要としないのであれば売却が可能です。

■売却時に気を付けること
個人でも法人でも、自らオークションに出品するようなことはないでしょう。
しかし、買い取った電話加入権をオークションに出品している業者はたくさんあります。
電話加入権はあくまでも休止状態のものであり、別の顧客に譲渡されるまでは電話加入権を購入した方あるいは企業の名義です。

悪質な買取業者であれば、名義変更をせずに安く販売してしまうことがあります。
もし名義変更がされないまま譲渡された場合、犯罪に使用されれば名義人である方が犯罪に巻き込まれる可能性が十分にあるのです。
買取業者を選ぶ時は、信頼性のある業者を選ぶようにしてください。

■買取の相場
電話加入権の相場は現在では非常に安くなっています。
2,000円前後で買い取っている業者が多く、休止の工事費用が2,100円掛かることから、二束三文どころかマイナスになる恐れもあります。

    Copyright(C) 電話加入権FAQ All Rights Reserved.