電話加入権の休止渡しと開通渡しってどう違うの?

電話加入権の休止渡しと開通渡しってどう違うの?

電話加入権の販売業者には、「電話加入権休止渡し」と「電話加入権開通渡し」の2種類が用意されています。
休止渡しの方が価格設定が低いのですが、一体どちらを選べばいいのでしょうか?

■電話加入権休止渡し
休止渡しは休止番号での引き渡しになり、開通手続きは自分で行うものです。
設置場所が決まっていない場合はすぐに工事ができないので、設置場所が決まった時に工事を行えばすぐに利用ができます。
ライト回線を使用している方は工事が必要ないので、権利を購入したら切り替え作業だけでご自身の電話として利用できます。

■電話加入権開通渡し
販売業者が電話加入権の名義変更・電話番号の取得手続き・開通工事の手配を一手に引き受けます。
手配のための手数料が加算されますが、初めて電話回線を引き込む場合はお願いしてしまった方が電話開通までの時間が短縮されます。
アナログ回線・ISDN回線が選べ、アナログ回線ならADSLサービスも利用できます。
販売業者によっては電話加入権とADSLのセット価格で販売しており、電話加入権をお得に手に入れられます。

販売業者によってサービスの質が違うので、何社かを比較して購入するといいでしょう。
ただし、価格が上下するだけで、電話の質に差はありません。

    管理人のお薦めWEBインフォメーション

  • 身分証明書と初期費用のみで簡単に利用することができる便利なレンタル携帯サービスを提供している会社を探しているなら、全国どこにいてもサービスが利用できて大阪府内、その近隣での利用は契約から即日で可能な便利なサービスなのでお勧めです。

Copyright(C) 電話加入権FAQ All Rights Reserved.